Lenz Nikon Fマウント カメラレビュー

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED 実写レビュー

特徴

フルサイズに対応したFXタイプのレンズになります。


焦点距離は変わりますが、

APS-Cタイプのカメラに使用することが出来ます。

その場合の焦点距離は

35mm換算で90mm

となっております。


このレンズ特徴について

さらに深掘りして説明したいと思います。



外観

M/Aの切り替えスイッチ装備

オートフォーカス時でもマニュアルリングを回すと
マニュアルリングも使えます。

リングはフォーカスリングのみ

リング部分が長いので、フォーカスリングも回しやすいです。

レンズ距離目盛

M→メートル
ft→フィート
1→撮影倍率
が表示されています。

質量は約425g

最短撮影距離0.185m!無限遠まで撮影できる!

マイクロレンズなので、
花やアクセサリーなど
クローズアップでの撮影では

最短撮影距離0.185mまで寄って

撮影することができます。



他のレンズでは近くに寄って

撮影できないような距離で

撮影できるのがポイントで

肉眼でも見にくい部分も撮影できるので、

画像で確認するとしっかり見えて

「近くで見るとこう見えるんだ」

という感じで楽しむことが出来ます。



接写して撮影する人にとっては

持っておきたいレンズではないかと思います。



F値開放2.8でより雰囲気を出せる

焦点距離が60mmなので、
ポートレートでも
撮影に適しています。


この一本を持っていると
スナップ撮影で街を歩いていると
撮影の機会も増えて
表現の幅も広がるレンズですね。
F開放2.8でポートレートで撮影することで、
背景をぼかしてより雰囲気を出して撮影することが出来ます。



接写する時にも開放して撮影すると
ピントをシビアに調節することが出来るので、

マクロで撮影してどの部分に注目してほしいのか?

ということもより 細かく表現し伝えることが出来ます。 

絞り羽根9枚の円形絞り採用

若干専門的な話になりますが、

絞り羽根9枚の円形絞りの採用によって、

美しいボケで柔らかい表現を可能にしています。


円形絞りとは
絞りの形状を円形に近くすることで、
背景のボケ味などをきれいに再現することが出来ます。


レンズ構成

9群12枚(EDレンズ1枚、非球面レンズ2枚、ナノクリスタルコート)

まとめ

標準レンズの18-55mmのレンズを持っている方など
55mmにすると焦点距離が似ていますが、

今回説明したようにまた違った表現をすることが出来ます。


アクセサリーをよく撮影する方や花など近くで撮影したい方など
マクロで撮影したい方などに凄く活躍してくれるレンズとなっております。


また、ポートレートなどにも活用することができるので、
1本持っているだけで撮影の幅がすごく広がりますね!



実写レビュー

スポンサードリンク

© 2022 joy-camera.com Powered by AFFINGER5