Z50 操作方法

Nikon z50 車のテールランプなどの光跡を撮影する方法を徹底解説

車のテールランプの光跡の写真など、見たことがあるかと思います。
幻想的な表現をすることができるので、「この撮影をしてみたい」という方も多いと思います。

しかしある設定をしないと、光跡を上手く表現することができません。
ポイントを押さえることで、車のテールランプの表現はもちろん、光を放つものに対して幻想的な撮影ができ、撮影の幅が広がります。

こんな方におすすめ

  • 光跡の撮影がしたい!
  • ブレてしまって、何を撮っているのか全然わからない。
  • 撮ったみたけど暗くて、上手くいかない。
そこでこの記事では初心者の方でも 上手く光跡を撮影する設定方法をわかりやすく説明します!

露出時間を長くして撮影できること

車のテールランプの光跡     観覧車の光跡    

三脚を使用する

シャッタースピードを遅くして撮影をするので、 ブレが発生します。

そうならないために、三脚を使うことでブレなく綺麗に撮影をすることができます。

高い三脚も沢山ありますが、 安くて数千円で購入できる三脚もAmazonなど売っていますのでぜひ用意して下さい。

それではカメラの設定方法を説明をしていきたいと思います。

光跡撮影以外の様々な状況でも使えるよ!

Mモードにする

上のダイヤルを回してMモードに設定をして下さい。
この設定は、カメラの設定、シャッタースピード、F値の設定を、マニュアルで撮影するという意味です。

モードダイヤルをMにする

シャッタースピードを10秒に設定する

光跡の撮影はシャッタースピードが大きく関係しています。

シャッタースピードを10秒としていますが、あくまでも目安なので撮影をして確認しながら細かい設定をして下さい。

ポイント

光跡をもっと表現したい場合シャッタースピードを遅くする(数値を低くする)

光跡をもっと少なくしたい場合シャッタースピードを早くする(数値を早くする)

背面のダイヤルを回すssを10秒に設定する

isoを100に設定する

isoを一番低い100に設定にする=一番暗い設定 ということになります。

なぜ夜なのに、一番暗い設定にするかというとシャッタースピード遅く設定するので
光を取り込む時間が長くなる=明るくなります。
ですので、isoは一番低い設定にしています。

ポイント

上記のシャッタースピードの設定で暗い場合→ isoを上げて適切な明るさに設定する

isoボタンを押しながら背面のダイヤルを回すisoを100にする

F値を10に設定をする

さらにさっきも言ったように、F値を上げると暗くなります。
また、F値を上げることで、被写界深度が深くなるので、全体的にくっきり写すことができます。

ポイント

撮影したものが明るい場合→F値を上げて暗くする

その時に一点気をつけて頂きたいのが、上げ過ぎると回折現象といって、画質が悪くなるので、大体F値12ぐらいまでに設定するのがオススメです。
それでも明るいという場合は、シャッタースピードを速くして暗くするということです。
最初はここのバランスが難しいですが、調節して撮影という設定を繰り返しながらベストな設定にしてください。

右前面(F値)のダイヤルを回す F値を10にする

セルフタイマーやスマホからシャッターを切る

直接カメラに触れて、シャッターを切ると、ブレが発生するので、セルフタイマーやスマホと連携して、シャッターを切って下さい。

スマホと接続する方法は別の記事で紹介しています。

Nikon Z50 スマホと接続設定方法!転送からリモート撮影を徹底解説!

スマホと接続すると簡単に画像を転送することができるので、SNSにアップも簡単というメリットもありますが、それだけではありません。 スマホと接続するメリット ・記念撮影で確認しながら撮影できる。 ・カメ ...

続きを見る

iボタンを押してドライブモードを選択 セルフタイマーを選択

以上が設定の方法になります。

今説明した設定の数値を調節しながら、よりベストな設定に調節して下さい。

またZ50の様々な設定の方法を公開していますので、是非ご覧ください!

ではまた!

スポンサードリンク

© 2023 初心者向けカメラ専門サイト Powered by AFFINGER5