EOS Kiss M2 設定方法

CANON eos kiss m2で花火を撮影する方法 初心者でも簡単!テクニックを徹底解説!

本日は花火を綺麗に撮影する方法を説明します。
ポスターの花火の写真など
下の線までしっかり捉えています。

これはオートモードはできないので
ポイント押させえるだけで撮影できます。
是非チャレンジして下さい。



三脚を使って撮影をする

シャッタースピードを遅くして撮影をするので、
ブレが発生します。

そうならないために
三脚を使うことでブレなく綺麗に撮影をすることができます。

高い三脚も沢山ありますが、
安くて数千円で購入できる三脚もAmazonなど売っています。
花火の撮影以外にも使えますので、ぜひご用意下さい。



リモートレリーズを使って撮影する

次にシャッターを押すためのリモートレリーズが必要になります。
ない方はキャノンのアプリを使えばスマホでも使えます。

スマホと接続する設定の方法は動画で説明していますので、

ご覧ください。





次に上手くいく撮影のポイントの説明をしたいと思います。

花火撮影は撮影場所が重要





そこの場所でしっかりと花火が収まるのか?
好みもありますが、地上もしっかり写ると
花火の大きさも伝わりやすいです。

このように
自分がどのような写真を撮りたいのか?
自分の好きな花火の画像を見つけて
構図をイメージしておくとスムーズに撮影ができます。

カメラの向きを決める

縦で撮影するのか?
横で撮影するのか?
ということです。

フィナーレなど横の範囲が広く
打ち上げられることが多いので
横で撮影するとダイナミックに伝えることができますが、
一発だけの花火を横で撮影をすると
横に空間が空いてしまい
ポツンと写るので、寂しい感じがします。

このように縦に撮影をする場合と
横に撮影する場合は印象も大きく変わるので
事前に決めておいてください。

それでは設定の方法を説明したいと思います。

モードダイヤルをMモードにする

まずは上のモードダイヤルを回して
ダイヤルをMにしてください。

モードダイヤルをMにする

isoを100にする

isoは100で固定にしておいて下さい。
isoの画面をタップする
   
isoを100に設定する

まずはF値10に設定をする

まずはF値10で撮影をしながら
適切な設定に数値を変更していきましょう。

F値の画面をタップして
   
F値を10に設定する


写真が明るい場合

isoを一番暗い設定にしているので
Isoではこれ以上暗い設定にできません。

ですのでF値の数値を高くして
暗くできますので適切な露出に設定をして下さい。

写真が暗い場合

暗い場合はisoを上げて明るくして下さい。

シャッタースピードをbulb (バルブ)に設定をする。

バルブというのは何かと言いますと、
シャッターボタンを押している間、
シャッター開きっぱなしで、
離すとシャッターが閉じるという仕組みになっております。

シャッタースピードの画面をタップ
   
シャッタースピードをBULBに設定する


例えばシャッターを5秒間押し続けて
そしてシャッターを離す。

そうすることで、その間の5秒間に
カメラに映っていたものが一枚の写真になります。

その原理を活かして撮影しているものの一つに
ペンライトアートがその原理を活かした撮影なります。



シャッターを押すタイミングが重要

シャッターを押すタイミングは
花火が打ち上がった瞬間→シャッターボタンを押す。
花火が上空で消える→シャッターボタンから指を離します。

花火が飛んで消えるまでシャッターを押し続けて下さい。

マニュアルフォーカスに設定する

オートフォーカスにすると暗いので、
ピントが合っていないことがあります。
マニュアルフォーカスに設定することで、
ピントを固定して撮影をすることができます。

花火を打ちがった時にピントを合わせるのも良いですが、
明るいうちに打ち上げ場所がわかるなら
打ち上げ場所にピントを合わしておいて、
花火が打ち上がった時に微調整すれば失敗しにくいです。

十字キーを左に押してMFにする
   
マニュアルリングを回して調節する


画像を確認して設定を調整する

この時に写真を見て、暗い場合はF値を下げる。
明るい場合はF値を上げてください。

上手くいくポイント

最後にポイントとして
花火の一発目の時にこの設定でどのくらい
明るさで映っているのか?
を基準にしてください。

また、フォーカスも初めにオートフォーカスにフォーカスを合わせて、
マニュアルにするといいかもしれません。

またフィーナーレは当然さらに明るくなるので、F値を上げてください。

スポンサードリンク

© 2022 joy-camera.com Powered by AFFINGER5