カメラレビュー

Canon EOS R50とSONY a6400を徹底比較レビュー!おすすめポイントとは?

ミラーレス一眼レフのエントリークラスに位置するEOS R50とa6400のどちらを買おうか悩んでいる方もいると思います。

値段も決して安くはないので、自分に合ったカメラを慎重に選びたいですよね。

私は初めて買ったカメラは知識不足ですぐに売ってしまいましたが、ポイントを押さえておけば失敗を防ぐことができます。

そこで本記事ではカメラ歴10年以上の経験を持つ私がEOSR50とa6400「違い」「特徴」「選ぶポイント」について初心者の方でもわかりやすく解説します!

結論

タイトル

EOS R50


a6400
画質凄く良い良い
手振れ補正効果高い高い
フォーカス性能(顔、瞳)かなり高い高い
瞳AF対応対応
パネル操作性バリアングル式チルト式
連続撮影凄く良い良い
iso感度良い凄く良い
動画性能良い凄く良い
レンズのラインナップ多い多い
USB給電専用アダプターが必要対応
重量軽い普通
カラーホワイト・ブラックブラック
価格安い普通
EOS R50がおすすめな人
・少しでも安いミラーレスが欲しい
・軽いカメラが欲しい
キヤノン
¥141,200 (2023/12/27 21:28時点 | Amazon調べ)
a6400がおすすめ人
・重量のある望遠レンズを使いたい
・長時間の動画撮影をしたい

選ぶためのポイント

まず初めにあるポイントを押さえておくことで、自分に合ったカメラを選びやすくなります。

選ぶポイント

 1.使いたいシーンを確認する
 2.デザインで心が動く機種を選ぶ

各ポイントについて説明していきたいと思います。

1.使いたいシーンを確認する

カメラの購入する時の一番のポイントは、

  • スポーツの撮影がしたい
  • 旅行先で撮影がしたい
  • 子供の撮影がしたい

など自分が使いたいシーンを確認しましょう。

シーンによって連続撮影・持ち運び重視・手振れ補正など見るべきポイントがあります。

スペックについては後で説明するよ!

2.デザインで心が動く機種を選ぶ

この記事を読んで大体イメージがついたけどそれでも悩むという方は、デザインで選んでみるのもおススメです。

せっかく買ったカメラを使わなければ意味がありません。

ですので「自分が持って出かけたくなるデザインのカメラを選ぶ」ということです。

自分の好きなデザインのカメラだと持って行きたくなるよね!
結果的に撮影頻度も増え、上達も早いです

以上のことを踏まえて自分の合うカメラを選んでもらえればと思います。

仕様の比較

それでは、各機種について紹介したいと思います。

機種EOS R50a6400
発売日2023年3月2019年11月
カメラ有効画素数約2420万画素約2420万画素
記録画素数6000×40006000 x 4000
isoISO100~32000ISO100-32000
マウントRFマウントEマウント
シャッター速度1/4000秒
電子先幕シャッター30-1/4000秒
電子シャッター速度30-1/8000秒
連続撮影/秒約15コマ(電子シャッター)約11コマ
タッチシャッター
タッチフォーカス
瞳af人、「犬」「猫」「鳥」人、犬、猫
動画瞳AF人、「犬」「猫」「鳥」-
測距点数最大651分割425点(位相差検出方式)
425点(コントラスト検出方式)
光学式ボディ内手ブレ補正×(レンズ側で対応 )×(レンズ側で対応 )

外観

冒頭でも説明しましたが、「デザインで心が動く機種を選ぶ」というのは外観がポイントになります。
自分が持ち運びたくなるような機種があれば、カメラを選ぶ際の重要なポイントです。

「スタイリッシュ」「オシャレ」など直感で決めてみるもの選択の一つです。

気になる機種があったら他のカラーもあるか見てね!

 

グリップ

機種によってグリップの凹凸が様々です。深い方がより握りやすいので、望遠レンズを使った場合には安定した撮影ができますがその分重くなるなど、どちらが良いとは言えませんが「メリット・デメリット」についてまとめてみました。

グリップが握りやすい

【メリット】
・安定した撮影ができる

【デメリット】
・グリップある分重い
・大きくなる

グリップが握りにくい

【メリット】
・グリップが無い分軽い
・コンパクト

【デメリット】
・望遠レンズを使うとブレやすい

1位_a6400
・グリップが深く全体の指で安定した撮影ができる
・白レンズでもある程度のバランスを保てる
2位_EOS R50
・グリップは深くはないが、中指、人差し指でホールドするイメージ
・ダブルズームキットに付いている望遠レンズ程度の重さなら、撮影に影響はない
・重量のある望遠レンズは安定が悪い

出来る限り小さく持ち運びたいという方もいるかと思います。
持ち運びしやすいというメリットもありますが、大きい望遠レンズなど使用したいという場合は深みのあるグリップもポイントに入れましょう。

サイズ

グリップはEOS R50の方が浅く、a6400の方が深いので、大きく感じると思いますが実は全体的にa6400の方が小さいです。

a6400の方が鞄に入れやすそうだね!

質量

1位 2位
EOS R50 a6400
約370g 約404g

※個人で計測したものです。正確な質量は各HPをご覧ください。

デザイン

冒頭でも説明した通り「デザインが好き」というのも、重要になります。
デザインで心が動いたものは、選択する1つのポイントにして下さい。

モニター

モニターの稼働性も機種によって違います。新機種のほとんどがバリアングル式が多いですが、a6400はチルト式になります。
各パネルについてメリット・デメリットもあるので説明したいと思います。

バリアングル式

EOS R50はバリアングル式でパネルを様々な方向に展開できます。

メリット

・自由にパネルを展開できる
・パネルを内側にして液晶の傷を防げる
・自撮りでもパネルの操作がしやすい

デメリット

・左側に端子の差し込み口があると干渉する


チルト式

a6400はチルト式でパネルを上下に展開できます。

メリット

・端子の差し込み口と干渉しない

デメリット

・上下に180度の展開はできない
・自撮りの場合は見にくい

ダイヤル

ダイヤルが1つは備わっていますが、2つ以上備わっている場合があります。ハイクラス以上になると2つ以上は基本備わっています。

ダイヤルが2つあるメリットとしては「SS」「F」を各ダイヤルに割り当てて瞬時に変更することができます。動く被写体をよく撮るという方にはおすすめです。

シャッターチャンスを逃しにくくなるということだね!
機種EOS R50a6400
ダイヤル数1つ2つ
ダイヤル位置上面前側上面後ろ側、背面下側
  • EOS R50はダイヤルが1つ
  • a6400は上面と背面にダイヤルが付いている。あることに越したことはないが、上面に2つ付いている方が扱いやすい。

端子

端子は機種によって備わっているものが違うので、必要なものが備わっているのか確認してください。

EOS R50

  • Type-cの端子が内蔵されている
  • グリップ側にも端子があるので、使用している場合は握ることはできない(ただ握った状態で使うことがほぼないので右側に備わっているかもしれない。

a6400

  • 端子は少し古いType-Dの端子が内蔵されている
  • 端子の差し込み口は左側に備わっている

レンズのラインアップ

焦点距離や背景をよりぼかすや寄って撮影するという場合など、レンズによって変更することができます。

ですのでレンズの種類があるほど、様々な表現ができます。
また、両機種ともAPS-Cの機種ですが、APS-Cサイズにクロップされますがフルサイズのレンズも使用できるというのも魅力的な点です

色鉛筆も色の種類があれば様々な表現ができるよね!

もう少し詳しく説明していきたいと思います!

種類EOS R50a6400
マウントRFマウント(フルサイズのレンズも可)Eマウント(フルサイズのレンズも可)
レンズのラインアップ多いかなり多い

キットレンズの比較

EOS R50レンズのタイプ
パワーズームレンズキットRF-S18-45 IS STM詳細を見る
ダブルズームレンズキットRF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM、RF-S55-210mm F5-7.1 IS STM詳細を見る
a6400レンズのタイプ
パワーズームレンズキットE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS詳細を見る
ダブルズームレンズキットE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS、E 55-210mm F4.5-6.3 OSS詳細を見る
高倍率ズームレンズキットE 18-135mm F3.5-5.6 OSS詳細を見る

各スペック比較

これまでは外観を紹介しましたが、次にスペックの方を比較していきたいと思います。

iso感度

iso感度…カメラが光をとらえる能力を表す値を数値化したもの

暗所の撮影の時に数値を上げることで明るくすることができます。

画像をアップしてノイズ量を確認して見てね!

iso3200

この時点ではそれほど違いを感じられない。

iso6400

この時点でもそれほど変化は感じられない
iso6400ぐらいまで上げるのは暗い環境だとだとあります。個人的にはここぐらいまでは綺麗であってほしいです。

iso12800

ここでEOS R50のノイズが目立ってきた。しかしa6400はノイズが目立ちにくかった。

iso25600

ここまでくるとやはりノイズが目立ちます。

iso32000

32000までは普段上げることもないですが、a6400が綺麗ということは意外だった。

機種EOS R50a6400
iso感度良いかなり良い

解像力

フィギアが同じ条件でどれぐらい鮮明に映るのか確認してみました。

背景の手の部分や顔などラインに注目して見てみよう!

F5.6

全体的に綺麗にシャープである。

F8

特にどの機種にも違いが感じられなかった。

F11

後ろのフィギュアのラインも綺麗です。

F22

全体的に違いも見られなく綺麗に描写されていた。

ボケ感

レンズによって背景のボケ具合も変わります。レンズキットに付いている純正レンズの場合はどのようにボケるのか確認してみました。

背景のボケ具合を確認してみよう!

個人的にはa6400の玉ボケが綺麗な正円で良かったです。

手振れ補正

手振れ補正もメーカーによって効果が違うので、望遠など使う場合にブレを押さえて撮影することができます。

機種によって手振れ補正タイプが異なるので「手振れ補正がボディに搭載されているのか」「レンズに搭載されているのか?」という違いがあります。

紹介している機種3機種ともレンズに手振れ補正が備わっているタイプになります。では標準のレンズキットに付いているレンズと実際に違いがあるのか比較してみた。

個人的にはEOS R50の方が手振れ補正が安定している様に感じた。

フォーカススピード

フォーカススピードが速いほどより正確にフォーカスを合わせることができます。どれぐらい顔にフォーカスがスムーズに反応するのかテストしてみた。

フォーカスのスピードテスト

動く被写体に対してどのぐらいスピーディに反応するのか比較してみた。


比較結果
EOS R50の方が瞳にAFが合い続けていたように思った。気になったのがa6400は瞳AFの枠が全く表示されていない。他の機種が瞳AFを捉えている所でも顔のAFすら捉えられていないところが多々あった。

フォーカスの反応テスト

振り向いた時にどのタイミングで瞳AFが反応するのか比較してみた。

比較結果
反応するスピードはどれも同じぐらいで違いがほぼ分からないがa6400の瞳AFがほとんど反応していないことが分かった。

フォーカスの距離テスト

どれぐらい離れてもAFが顔に反応するのか比較してみた。

比較結果
a6400は相変わらず瞳に反応しないままで、驚いたのはEOS R50途中で顔のAFエリアには変わるが最後まで反応し続けていた。

動画性能

動画が性能を表にしてみた。

機種EOS R50a6400
4K3840×21603840×2160
4Kフレームレート4Kフレームレート 29.97/25.00/23.98fps24p/30p
ビットレート約120Mbps約120Mbps約100Mbps
動画記録制限最長1時間無限
ハイスピード1920x1080 119.88fps1920x1080fps

4K撮影ができるのでどれもおススメですが、1点だけ見てほしいポイントがあります。
それが「動画記録制限」です。
これは各表記時間に達すると一回動画撮影が止まってしまうということです。
しかしa6400はバッテリー「SDカードが持つ限り撮影し続けることができます。(暑い環境だとカメラが熱を持って一度止める必要があることがあります)
ですので長時間の撮影シーンで1度も止めたくないという場合は「動画記録制限」をポイントに入れて下さい。

機種別の特徴

各機種の特徴やメリット・デメリットをまとめてみました。

EOS R50

まずはEOS R50から紹介したいと思いますが、EOS R50はa6400より新しいというだけあって機能も充実しています。そのポイントを紹介します。

商品レビュー動画

物を顔の前に出すとピントが迷ってしまっていることがあります。

しかし、「レビュー用動画モード」では、顔にピントが合った状態で商品を前に出すと商品にピントを合わして、商品を元の位置に戻すと顔にピントが合うので、1人でもクオリティの高いレビュー動画の撮影ができる

アドバンス A+

この機能は白飛びや黒つぶれが起こりやすいシーンに補正してくれる機能や色味や、背景をぼかしたいなどの機能を視覚的に初心者の方でもわかりやすく操作できるなど楽しくなるのような機能が充実している。

「検出する被写体」に自動モードがある

・人物
・動物優先
・乗り物優先に加え
自動というモードが追加されました。

例えば
動物と人物がいる場合その場の状況に合わせて変更してくれる。

デジタルテレコン

デジタルテレコン…写体をレンズの倍率以上の大きさに拡大して、中央部を切り出して画像ファイルとして保存する機能

EOS R50は2倍、4倍に拡大することができます。

デジタルテレコン「切り」

デジタルテレコン2倍

デジタルテレコン4倍

デメリットとしては、電子レベルでズームしているので画質が悪くなるということ。
ですので、被写体を大きく綺麗に撮りたい場合は、望遠レンズを使うことをおすすめです。

EOS R50のメリット・デメリット

メリット

・値段が安い
・連続撮影が早い
・フォーカス性能が高い

デメリット

・USB給電は専用アダプターが必要
・グリップの部分に端子がある
・ダイヤルが1つのみ

a6400

a6400は長時間撮影やグリップなど紹介したのでこれといって特別紹介する機能はないですが、かなり重要なポイントの違いが1つあるので紹介したいと思います。

USB給電

a6400はUSB給電ができるので撮影中でもモバイルバッテリーなど使うことで電池の消耗を少なくすることができる。
長時間の撮影にはかなり便利で必要な機能です。
EOS R50も対応しているが「USB電源アダプター PD-E1」必要で「市販のモバイルバッテリーでは正しく充電されないことがある」と表記されている。
何パターンかモバイルバッテリーを使用してみたが、全て給電できなかった。

a6400のメリット・デメリット

メリット

・長時間の動作撮影ができる
・コンパクト
・グリップが握りやすい
・暗いシーンでもノイズが出にくい

デメリット

・パネルがチルト式


単焦点レンズは1本持っておこう

初心者の方はボディのスペックに目を向けがちですが、実は「背景をぼかしたり」「遠くのものを撮影したりする」には、レンズが大きく関係します。
「レンズで決まる」と言っても過言ではないです。

そこで「標準レンズ」「望遠レンズ」とは別にコスパの良いレンズを紹介します。
このレンズを持っておけば、撮影の表現の幅がかなり広がります。

それは何かというと

  • お子さんを際立たせて背景をぼかせる
  • ポートレート撮影
  • スナップ撮影で被写体になるものにピントを合わせる
  • クオリティーが高く見える撮影ができる
  • 明るく撮影ができる

など様々なシーンに使えて価格もかなり安いというコスパの良いレンズです。

実際にどれぐらい違うのかテストしてみました。
a6400の「標準レンズSELP1650」と「単焦点レンズSEL50F18」の背景のボケ具合を比較しました。

これほど差があります。
定番のレンズなので各メーカーで同じ様なレンズが出ています。

単焦点レンズを選ぶ時のポイント
・F値1.8以下ぐらいのレンズを選ぶ
・焦点距離50mmぐらいがおすすめ

最後に以上を踏まえて各メーカーのおすすめレンズをご紹介しておきます。

EOS R50

a6400

購入してから上達する方法

「買ってから押し入れに入れたまま使っていない」という方もいます。原因として高性能だけに使いこなせていないどうしたら良いかわからない。ということが考えられます。

そこでこのブログではレビューだけでなく機種別に「操作方法「上達方法」も解説しています。

是非、ブックマークしてより良いカメラライフにして下さい。

EOS R50の操作方法を公開中!

a6400の操作方法を公開中!

まとめ


初心者の方でも直ぐに良い写真を撮れる内容ですので、是非ご覧ください!

購入後はカメラをたくさん使って良い写真を残してください!
ではまた!

スポンサードリンク

-カメラレビュー