カメラレビュー

Panasonic DC-G100DとSONY ZV-E10の違いを徹底比較レビュー!Vlog撮影のおすすめポイントとは?

DC-G100DZV-E10のどちらを悩んでいる方も多いと思います。高価な物ですから失敗したくないですよね。

私も初めて一眼レフを買って気に入らず直ぐに買い替えてしまいました。。。

今となれば良い経験ですが、「もう少し知識を得てから購入するべきだった、、、」と反省しています。なので「どの様な違いがあるのか」だけでも知っておくと私の様な失敗を防げると思います。

そこでこの記事では、カメラ歴10年以上の経歴を持つ私が、両機種の違いについて実際に検証しました。

どちらを買おうか悩んでいる人は自分にあったものが、きっと見つかるはずです!

結論

機種

DC-G100D


ZV-E10
画質良い凄く良い
手振れ補正効果高い高い
フォーカス性能(顔、瞳)良い凄く良い
瞳AF対応対応
パネル操作性バリアングル式バリアングル式
連続撮影良い良い
iso感度凄く良い普通
動画性能良い良い
レンズのラインナップ多い普通
USB給電不可
重量軽い軽い
カラーブラックブラック・ホワイト
価格普通普通
DC-G100Dがおすすめ人
・ファインダーを見て撮影がしたい
・静止画もたくさん撮影したい
・よりクリアに録音したい
ZV-E10がおすすめな人
・商品のレビューをしたい
・専用のグリップでしっかり撮影したい
・動画を長く撮影したい

シューティンググリップ

両機種とも自撮りに便利な純正のグリップがオプションとしてついています。

Vlog撮影では快適に撮影をすることができますが、両機種にどの様な違いがあるのか比較してみた。

機種DC-G100D
トライポッドグリップ
ZV-E10
GP-VPT2BT
接続方法USB端子Type-CBluetooth
ズーム不可可能
バッテリーカメラ本体から給電リチウムコイン電池(CR2032)
三脚使用
可動域狭い広い
質量102g約215g
価格約9,700円約12,800円

サイズ

全体的にZV-E10のグリップの方が大きいです。G100Dのグリップは少しチープ感があります。

グリップを握ったイメージ

握った感じはG100DのグリップがZV-E10よりも一回り細くて握りやすいです。イメージは自転車のハンドルぐらいの太さです。

質量

ZV-E10の専用グリップの方が倍近く重たいです。

三脚の角度

SNSにアップする方は縦で撮影する場合もあると思います。
どのぐらいの角度まで倒せるのか調べてみた。

ZV-E10のグリップは横に180度回転することができた。縦撮りも簡単にできるのはありがたい。

長時間の撮影だとより軽い方がいいよね

DMW-SHGR2の特徴

コンパクトなDMW-SHGR2の特徴について説明します。

各種ボタン

非常にシンプルで必要最低限のボタンになっています。各種ボタンについて説明していきます。

スリープボタン

スリープボタン押すと本体をスリープ(省電力)状態

 シャッターボタン

ハーフ/フルシャッター、シャッター半押すとスリープ解除

REC ボタン

動画記録ボタン

Type-C

端子はType-Cになっていてカメラに差し込むことで作動する。ちなみに前期種はType-Bでした

メリット・デメリット

メリット

・コンパクト
・疲れにくい
・電池が不要

デメリット

・端子で接続する必要がある
・ボタンが少ない
・取り回しがしずらい
・三脚の可動域が狭い

ZV-E10に比べるとボタンも少なく、かなりシンプルな設計となっている。その分質量も半分と手が疲れにくいので、より長く撮影をすることができる。

 GP-VPT2BTの特徴

操作性に優れたGP-VPT2BTの特徴について説明します。

各種ボタン

「PHOTOボタン」「MOVIEボタン」に加えて「C1」まで備わっている。各種ボタンについて説明していきます。

PHOTOボタン

シャッターボタン

MOVIEボタン

動画記録ボタン

LOCKスイッチ

リモコンの機能を無効にできる

ズームボタン

自動でズーム・ワイドにすることができる

C1ボタン

お好みの設定を割り当てて使用することができる

メリット・デメリット

メリット

・ケーブルが不要
・細かい操作が可能
・三脚の可動域が広い
・電動ズームができる

デメリット

・少し重い
・電池が必要

ZV-E10のグリップはボタンも多くより使いやすい仕様になっています。ズームのレバーもありがたい。
少し重いというデメリットはあるが、より快適に撮影できるというメリットがある。

外観

外観で選ぶということもポイントの一つです。
外観について詳しく説明していきたいと思います。

グリップ

機種によってグリップの凹凸が様々です。

深い方がより握りやすいので、望遠レンズを使った場合には安定した撮影ができますが、その分重くなるなど、どちらが良いとは言えませんが「メリット・デメリット」についてまとめてみました。

グリップが握りやすい メリット・デメリット

メリット

・安定した撮影ができる

デメリット

・グリップある分重い
・大きくなる

Volg用の撮影であればグリップは浅くても気になりませんが、望遠レンズを使用したい場合ならブレにくく安定した撮影ができます。

1位_ZV-E10
・全体的に深いので握りやすい
2位_G100D
・ZV-E10ほどではないが握りやすい

グリップの大きな差は感じられませんでした。

サイズ

ファインダーがある分G100Dの方が少しだけ大きくなっています。

質量

意外だったのは、ボディ単体の質量はそんなに変わらない。

デザイン

カメラの「デザインが好き」というのも、重要になります。
デザインで心が動いたものは、選択する1つのポイントにして下さい。

バリアングル式モニター


両機種ともバリアングルです。
最近はショート動画で縦撮りをする場合を見かけます。バリアングル式だと縦撮りがしやすく、ハイアングル、ローアングルにも撮影が簡単にできるというメリットがあります。

バリアングルの注意点

バリアングルのメリットを紹介しましたが、注意点もあります。
ZV-E10の場合は端子を差した状態では、パネルと端子が干渉し、ハイアングル・ローアングルの可動域が狭くなるというデメリットもあります。

端子

機種によって端子が違うので説明していきます。

G100D

左側がマイク端子のみでバリングルモニターが干渉しない使用です。
しかし、グリップの右側にその他の端子が備わっているので、端子を差しながらグリップを握るというのは難しいです。

ZV-E10

端子が全て左側に備わっています。パネルを回転させた時に干渉してしまいます。
ただメリットとしては、イヤホン端子が備わっています。

音声を確認しながら撮影ができるので、失敗を防ぐことができます。

ダイヤル

両機種ともダイヤルが2つ備わっていますが、位置が少し違います。

ダイヤルが2つあるメリットとしては「SS」「F値」を各ダイヤルに割り当てて瞬時に変更することができます。
動く被写体をよく撮る方にはおすすめです。

機種DC-G100DZV-E10
ダイヤル数2つ2つ
ダイヤル位置前面上側、背面下側背面上側、背面下側
  • DC-G100Dは前面と背面に付いている。より瞬時に設定を変更できる。
  • ZV-E10は、背面側に2つ付いている。あるだけもでもありがたいが前面と背面にある方が扱いやすい。
シャッターチャンスを逃しにくくなるということだね!

レンズのラインアップ

レンズの種類が多いほど、様々な表現ができます。

種類DC-G100DZV-E10
マウントマイクロフォーサーズマウント(オリンパスのレンズも可)Eマウント(フルサイズのレンズも可)
レンズのラインアップかなり多い多い
DC-G100D
オリンパスのマイクロフォーサーズのレンズもマウントが同じなので使用できる。
ZV-E10
EマウントのフルサイズのレンズはAPS-Cにクロップされるが使用できる。

DC-G100Dはオリンパスのマイクロフォーサーズの機種に乗り換えてもそのままレンズが使え、ZV-E10はEマウントのフルサイズの機種に乗り換えてもクロップはされますが、レンズがそのまま使用できるというメリットがあります。

各スペック比較

これまでは外観を紹介しましたが、次にスペックの比較をしていきたいと思います。

機種DC-G100DZV-E10
発売日2024年1月2021年9月
撮像素子4/3型Live MOS センサーAPS-Cサイズ (23.5 x 15.6 mm)、Exmor CMOSセンサー
カメラ有効画素数2030万画素約2420万画素
記録画素数5184×38886000 x 4000
iso静止画:オート ISO100-25600
クリエイティブ動画:オート ISO 100-6400
ISO100-32000
マウントマイクロフォーサーズマウントEマウント
シャッター速度1/16,000秒1/4000秒
連続撮影/秒電子シャッター時:約10コマ/秒約11コマ
タッチシャッター
タッチフォーカス
瞳af人、一部の動物
動画瞳AF
測距点49点425点 (位相差検出方式)
425点 (コントラスト検出方式)
光学式ボディ内手ブレ補正×(レンズ側で対応 )×(レンズ側で対応 )

センサーサイズの違い

両機種はセンサーサイズが違います。センサーは「目」といわる部分で画質に大きく影響します。大きい方が画質は綺麗というメリットがあります。

機種DC-G100DZV-E10
センサーサイズ4/3型(17.4×13.0mm)APS-Cサイズ (23.5 x 15.6 mm)
画素多いより多い
画角狭い広い
ボケ感良いより良い
ダイナミックレンジ狭い広い
ノイズ鮮やかより鮮やか
サイズ小さいやや大きい

ZV-E10は評価が高いが、DC-G100Dのセンサーが悪いと言いたいわけではなく、そもそも4/3型はカメラとして十分綺麗な撮影ができますが、ただそれを上回るのがAPS-Cということです。

iso感度

iso感度…カメラが光をとらえる能力を表す値を数値化したもの

暗所の撮影の時に数値を上げることで明るくすることができます。

画像をアップしてノイズ量を確認して見てね!

iso1600

両機種とも綺麗で特に目立つノイズは見られませんでした。

iso3200

少しですがZV-E10の方にノイズが見られます。

iso6400

G100Dの方にもノイズが目立ってきましたが、ZV-E10はさらにノイズが見えます。

iso12800

ZV-E10はさすがに使えないレベルです。それに比べてG100Dはかなり綺麗だと思います。

iso25600

違いは一目瞭然です。

機種G100DZV-E10
iso感度かなり良い良い

前述でisoはAPS-Cの方がより鮮やかと説明しましたが、マイクロフォーサーズの方がかなり綺麗というのは意外でした。

解像力

建物を同じ設定で撮影をしました。
これはレンズが関係します。レンズキットに付いているレンズで比較しました。

拡大した化合も公開しているよ!
背景の手の部分や顔などラインに注目して見てみよう!

F5.6

G100Dは全体的にシャープですが、拡大した時の中心の下の窓が若干波打っているのが気になります。
ZV-E10はその様な現象は見られませんが、シャープさは少し欠けます。

F8

G100Dはラインがぼんやりしていて特に右上辺りは見て取れます。
ZV-E10はかなり綺麗なラインを描いています。

F11

G100Dの右上の窓がかなり解像力が落ちています。
ZV-E10は変わらずある程度の解像力を保っています。

F22

かなり解像力は落ちていますが、ZV-E10の方がラインをしっかり表現出来ていて綺麗だと思います。

ボケ感

レンズによって背景のボケ具合も変わります。レンズキットに付いているレンズの場合はどのようにボケるのか確認してみました。

背景のボケ具合を確認してみよう!

両機種ともの玉ボケが綺麗な正円でした。

手振れ補正

手振れ補正もメーカーによって効果が違うので、望遠など使う場合にブレを押さえて撮影することができます。

G100DZV-E10
レンズ側で光学式手振れ補正レンズ側で光学式手振れ補正

標準のレンズキットに付いているレンズと違いがあるのか比較してみた。

G100Dは小刻みに揺れてしまっています。一方ZV-E10は安定しています。

G100Dは電子手振れ補正が備わっているでさらに手振れを抑えられるよ!

フォーカススピード

フォーカススピードが速いほどより正確にフォーカスを合わせることができます。どれぐらい顔にフォーカスがスムーズに反応するのかテストしてみた。

フォーカスのスピードテスト

動く被写体に対してどのぐらいスピーディに反応するのか比較してみた。

ZV-E10の方がより速い動きに対してもしっかり反応していました。

フォーカスの反応テスト

振り向いた時にどのタイミングで瞳AFが反応するのか比較してみた。

ほとんど違いがみられませんでした。

フォーカスの距離テスト

どれぐらい離れてもAFが顔に反応するのか比較してみた。

ZV-E10の方がより遠くまで反応しています。

結果
ZV-E10の方がよりしっかりとAFが反応していました。

動画性能

動画が性能を表にしてみた。

機種DC-G100DZV-E10
4K3840×2160QFHD:3840×2160
4Kフレームレート24p/30p24p/30p
ビットレート約100Mbps100Mbps
動画記録制限30分無限
ハイスピード1920×1080120p1920×1080120p

4K撮影できるので、どちらもおすすめですが、1点だけ見てほしいポイントがあります。
それは「動画記録制限」です。


要するに各表記時間に達すると一回止まってしまうということです。

しかしZV-E10はバッテリー「SDカードが持つ限り撮影し続けることができます。(暑い環境だとカメラが熱を持って一度止める必要があることがあります)
ですので長時間の撮影シーンで1度も止めたくないという場合は「動画記録制限」をポイントに入れて下さい。

音声テスト

Vlog様の撮影は映像だけでなく音声も重要になります。両機種ともマイクに力を入れていますが、仕様の違いあります。どの様な違いがあるのか比較してみた。

DC-G100Dの特徴

DC-G100DはNOKIA社製のOZO Audioを採用し5つの志向性の音声をシーンによって切り替えることができます。

5つの志向性
1.オートモード
 撮影シーンに合わせて自動調整して収音
2.サラウンドモード
 前後左右360°の広い範囲の環境音を収音
3.フロントモード

 カメラ前方の音をクリアに収音
4.トラッキングモード

 画角と顔・瞳認識AFに連動して、顔の位置や人数に合わせて最適な収音範囲に自動調整
5.ナレーションモード

 撮影しながらカメラ後方の音声を収音

特に良いと思ったのがナレーションモード。

前方の音声が必要な場合も多いですが「景色のみを映しながら、自分はカメラの後ろ側から説明する」というシーンの場合後ろからクリアに状況を伝えることができます。

ZV-E10との違いを比較しました。

状況に合わせて設定を変更することでG100Dの方がよりクリアに録音することができます。

ZV-E10の特徴

ZV-E10は指向性3カプセルマイクを搭載。またウインドスクリーンが付属している。

大幅に低減するウインドスクリーン

ウインドスクリーンは風切り音を減らす役割があります。
無い場合と付けた場合は少し違うのは確認できましたが、G100Dと比べると個人的にG100Dの方が音がクリアに感じたので、あまりおすすめポイントではないですが、ウインドスクリーンが付いてるということだけ説明しておきます。

機種別の特徴

両機種の特徴やメリット・デメリットをまとめてみました。

DC-G100D

まずはDC-G100Dの特徴について解説します。

完成形をイメージしながら撮影可能

1:1 / 4:5 / 5:4 / 4:3 / 9:16 / 16:9 / 2.39:1 / 2.35:1 / 2.00:1 / 1.85:1の10種類の比率のイメージが表示されます。

また、環境に合わせてフレームの色やフレームマスクの透過度を変更することも可能。

完成形をイメージしながら動画撮影時、静止画撮影時ともに表示可能なので、失敗せずに撮影ができます。

ファンクションを9つ搭載

ファンクションボタンとは?
よく使う機能をFnに割り当ててスグに使用することができる。

例えばグリッドをよく使う場合任意のFnに割り当てることですぐに使用できる。
驚いたのが9つもあるということ。
モニターの部分にもカスタムボタンがありより自分のお好みの設定にカスタマイズができます。

シャッターチャンスも逃しにくいね!

メリット・デメリット

最後にメリットデメリットを説明します。

メリット

・ファインダー搭載
・綺麗に録音できる
・暗いシーンにも強い
・カスタマイズが豊富

デメリット

・専用グリップの取り回しがしずらい

ZV-E10

次にZV-E10の特徴についても説明していきます。

商品レビュー用設定


「商品レビューモード」は商品を紹介したい時に商品をカメラの前に出しても顔にピントが合ったままでピントが商品に合わないという場面を見かけますが、ピントを迷うことなく顔と商品にしっかりとピントを合わせてくれます。

USB給電が可能

動画撮影をする場合、あまりバッテリー残量がないと撮影も不安ですが、ZV-E10はUSB給電が出来ます。


要するに撮影しながら給電ができるので、より長く撮影ができるのでおすすめです。

メリット

・長時間の動画撮影ができる
・APS-Cタイプで性能が高い
・電動ズームができる
・イヤホン端子が備わっている

デメリット

・ファインダーがない
・専用グリップが重い

 

まとめ

以上がG100DとZV-E10の比較でした。


購入後はカメラをたくさん使って良い写真を残してください!
ではまた!

スポンサードリンク

-カメラレビュー