カメラレビュー

Canon RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM 実写レビュー!RF-S 18-45mmとの違いを比較してみた

EOR R10のレンズキットのラインアップに「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM」と「RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM」を選ぶことができます。

「値段は倍ほど変わるが、スペック的にはどの様な違いがあるのだろう?」と迷っている方もいると思います。

そこで本記事では「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMにポイントを当てRF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STMの違い」について初心者方でも分かりやすく解説したいと思います。

キヤノン
¥26,770 (2024/01/12 19:41時点 | Amazon調べ)
キヤノン
¥7,760 (2024/01/15 23:18時点 | Amazon調べ)
キヤノン
¥63,500 (2024/01/12 19:41時点 | Amazon調べ)
キヤノン
¥3,410 (2024/01/15 23:17時点 | Amazon調べ)
RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMの結論
・解像力が高い
・ボケ感も綺麗
・手振れ補正の性能が高い
機種RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMRF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM
焦点距離広い狭い
ボケ感かなり良い良い
解像力かなり良い良い
フォーカス性能高い高い
質量普通軽い
詳細を見る詳細を見る
ポートレイトスナップ撮影などにおすすめです
最後には作例も紹介しているよ!

それでは「使用した感想」や「特徴」についてレンズについて詳しく解説していきます。

本ページは広告が含まれています。

焦点距離18-150mmメリット

両機種はAPS-Cタイプのレンズで18-150mmを35mm換算にすると29~240mm相当になる。

EOS R10に付いている標準レンズの焦点距離は18-45mmですが、45-150mmどのぐらいアップできるのか?調べてみた。

解像力

解像力はシャープに描かれている。焦点距離も18-150mmで広く撮影できるのも魅力的。

肉まんを蒸しているシーン。凄く湯気が出ていたので、思わずシャッターを切った。湯気も綺麗に表現出来ている。

解像力テスト

両機種同じ設定でどのくらい解像力が違うのかテストしてみた。
ただ、RF-S18-150mmは50mmになってしまった。

F8

拡大

RF-S18-150mmの方がラインが綺麗に出ている。

F11

拡大

中心部分はあまり違いは見られないですが、右上の方はRF-S18-150mmの方がシャープですね。

F22

拡大

F8に比べるとかなりぼんやりしているがRF-S18-150mmの方がコントラストがハッキリしているように感じる。

ボケ感

焦点距離を望遠側にするとF値が上がるので、ボケにくくなるがそれでも提灯と背景の感じも良い感じでした。

ボケ感の比較

背景のボケ感をRF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STMと比べてみました。背景のライトのボケ具合に注目して下さい。

RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMの方が背景のボケ具合が綺麗な正円を描いています。

イルミネーションの撮影で大きく変わりそうだね!

光学式手ブレ補正4.5段分

RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMRF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM
4.54.0

RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMは光学式手ブレ補正4.5段分と0.5段分だが性能が高くなっている。
テレ側150mmなので、少しでも手振れ補正の高い方がありがたい。

あまり変化が感じられなかった。
RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMの方が若干手振れ補正が効いている様な気もするが、、、
あまり気にする必要がないポイントかもしれない。

ダイナミックIS

RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMには動画撮影時の手ブレを効果的に補正する「ダイナミックIS」を搭載。
特に広角側で大きな手ブレ補正効果を発揮。歩きながらの動画撮影時も快適な撮影が可能とのこと。

RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STMと同じ設定で調べてみた。

RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STMは細かくぶれてしまっている。
一方RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMはブレてはいるがそれほど細かくはぶれていない。
歩きながら風景の撮影や自撮りは慎重にカメラを支えないといけないが使用することができそうですね。

逆光テスト

逆光の場合フレアなど出るのか比較してみた。

RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STMと同じ設定で調べてみた。

両機種との変化は感じられなく、フレアも見られなかった。

AFスピード

手前と奥でピントを合わすスピードがどれぐらい違うのか動画で比較してみた。

フォーカスはほとんど違いは感じられなかった。
実際の撮影でもどちらの方が早いのかというのは分からないぐらい早いかった。
また両方ともフォーカス音は聞こえなかった。なので動画でも使える。

ただ1点気になった点があった。
それはRF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STMにブリージングが出ていた。

ブリージングとは?
フォーカスリングを回転させた際に発生する画角変動のこと。

RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMの方がAFが滑らかだね!

仕様

RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMRF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM
発売日2022年6月23日2022年6月23日
マウントRFマウントRFマウント
レンズ構成13群17枚7群7枚
絞り羽根枚数7枚7枚
最小絞り22-4022-32
最短撮影距離(m)AF時:0.17m(18mm~35mm時)
MF時:0.12m(18mm~24mm時)
AF時:0.2m(18mm時)
MF時:0.15m(18mm時)
最大撮影倍率(倍)AF時:0.44倍(50mm時)
MF時:0.59倍(35mm時)
AF時:0.16倍(45mm時)
MF時:0.26 倍(45mm時)
フィルター径(mm)55mm49mm

サイズ

サイズはどのくらい違いがあるのか比較してみた。

焦点距離が広い分RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMの方が長い。意外だったのは太さは同じだが中のフィルター径が違う。

機種RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMRF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM
フィルター径55mm49mm

EOS R10に装着したイメージ

EOS R10はグリップもホールドしやすく全く撮影は快適にできた。
また、レンズ自体も軽いので、グリップがあまりなくても撮影には影響がない重さだと感じた。

質量

質量はRF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMの方が倍ぐらい重たいけど正直そもそも軽いので、なんとも思わない。
ただ女性がバッグに入れて持ち運びたい方は少し変わるかもしれない。

リングの操作性

ズームリングを回した感じはRF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMに比べてRF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STMの方が若干チープ感があり軽いという感じがした。
RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMの方がある程度の重さがあり回しやすかった。
マニュアルリングを回した場合は違いを感じられなかった。

気になった点

次に気になった点を紹介します。両機種とも気になる点が同じでした。

マウントはプラスティック製

マウント部分は両機種ともプラスティック製となっていて、少しチープ感がある。

MFの切り替えスイッチがない

EOS R10にはボディ側にAF/MFスイッチがあるので、そこですぐ変更することができるが、ない機種もあるのでその場合は瞬時に切り替えられない。

メリット・デメリット

それでは両機種のメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM

メリット

・コンパクト
・値段が安い

デメリット

・AFスイッチがない
・マウントはプラスティック製
・性能はRF-S18-150mm より低い

解像力
ボケ味
質量
フォーカス
価格

性能はRF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMほどないですが、コンパクト、そして価格も安いということが魅力的な点。
少しでも安く抑えたいという方にはおすすめです。

キヤノン
¥26,770 (2024/01/12 19:41時点 | Amazon調べ)
キヤノン
¥7,760 (2024/01/15 23:18時点 | Amazon調べ)

RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM

メリット

・解像力が高い
・焦点距離が幅広い

デメリット

・AFスイッチがない
・マウントはプラスティック製

解像力
ボケ味
質量
フォーカス
価格

焦点距離の幅が広いだけでなく解像力が高く、背景の玉ボケも綺麗だった。
もしお金に余裕があり、良い写真を撮りたいのであれば、おすすめできるレンズです。

キヤノン
¥63,500 (2024/01/12 19:41時点 | Amazon調べ)
キヤノン
¥3,410 (2024/01/15 23:17時点 | Amazon調べ)

まとめ

以上が比較でした。
個人的には思った以上に性能の差があると感じました。
RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMは焦点距離も長く撮影していてスナップ撮影が楽しかったです。

また他のレンズも紹介したいと思います。
RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STMの作例の方も是非ご覧ください。

作例

スポンサードリンク

-カメラレビュー